仏法(ダルマ)を学び思考の軸をもつ ~究極の自己実現へ~

阿遮羅神(アチャラシン) 降臨由来

  • HOME
  • » 阿遮羅神(アチャラシン) 降臨由来

仏暦2560年 2017年5月19日、
岡山の宇山洞で初めて天の扉開きが行われた

その時、日本に初めて神が降臨した。
日本に神聖な場所はなく、過去一度も神は降りたこともなく、
人々は精霊を神としてあがめた。と天の扉開きの司祭アチャンは語った。
同年、5月19日、養老アシュラムの不動明王に神聖な存在が宿った。
2017年9月24日
日本での2回目の天の扉開きの帰り、アチャンが養老のアシュラムを訪れ、
その不動明王の像の前に私とアチャンと二人が並んだ。その時、阿遮羅神は
「やっと秘剣を出現させることができる人と、受け取るべき人が揃った。」と。

阿遮羅神はアチャンを見つけたのだ。
そしてアチャンに指示し、阿遮羅の秘剣をこの世に出現させる運びとなった。
阿遮羅神は、幾つもの宇宙から消滅せず存在している神だ。
2017年10月14日
タイの司祭アチャンが瞑想中に突然、日本の山伏の姿をした存在が現れて、
「自分の秘剣を授けるので、すぐにプジャを行い、遠い昔より隠してある別の世界の扉を開けて、
出現させるように」と指示された。
2017年10月17日明け方
今度はアチャンの夢の中に山伏の姿をした同じ存在が現れ、
「すぐにプジャを始めるように、九回のプジャの後、その秘剣は出現する。」と予言した。
「場所はトランのワンムー洞窟で行うように。そして出現した秘剣は松永修岳の元で祀るように」
と再び指示をした。
アチャンはこのことを修行仲間のタイの僧ソンサック師に伝えると、ソンサック師はこう答えた。
「私の所にも山伏の姿をした同じ存在が現れ、同じ事を伝えられた。」と。
2017年、10月18日夜
タイ ワンムーの洞窟にて最初のプジャを行い、9回目は22日の夜となる。
朝5時と夜7時に、1日2回プジャを行う予定でアチャンは18日早朝バンコクを発ち
トランへと向かった。
また同日、私に一連の内容が伝えられ、私は10月21日朝、私は急遽タイへ向かうこととなる。
第1回目のプジャ
2017年10月18日夜、トランにあるワンムーの洞窟でアチャンは1回目のプジャを行った。
その時、目の前に大きな背丈の、山伏の姿をした存在が出現した。

タイの僧アチャンは「あなたは不動明王ですか」と尋ねた。
「不動明王」の部分だけ日本語を使った。

すると、「日本人は勝手にそう呼んでいるが、本当の名は阿遮羅(アチャラ)だ。
日本人にわかりやすくするために、山伏の姿で現れたのだ」とアチャンに本当の名前を伝えた。

阿遮羅神は、「初代のブッダプラプッタジャウ(ソムデットオム プラトム 
SOMDET ONG PRATOM)を守護していた神だ」と告げた。現在の宇宙が生まれるよりも、
何代も前の宇宙から消滅することなく存在している神ということになる。
恐らく今の宇宙ができるいくつもの前の宇宙だ。
ひとつの宇宙の寿命は十の百六十乗年だと神は教えた。
これは、現在の宇宙に存在する神々の遥か彼方の神ということである。

『日本では不動明王と呼ばれてきたが、本当の名前は「阿遮羅(アチャラ)」である。』
と阿遮羅神は伝えた。

阿遮羅神はアチャンに次のように伝えた。
「現在の阿遮羅の役割は、仏教が間違って伝わらないように、違うものに
変化してしまわないように、仏教のダルマが正しく伝わるように、守っている。」と伝えた。

アチャンは2017年10月18日夜から朝夜、1日2回プジャを行い、
9回目のプジャで剣が出現することを知っていた。
そしてそれが、どんな形をしたものかも、すでに絵に書いていた。
第1回目のプジャに阿遮羅神が出現し、アチャンにマントラを授けた。
 
ナム モー  サン  マンドー ワシナン  ナイ  ハン
ナム モー モー クサム  マンダー
 
仏暦2560年10月22日、19時、私とアチャンと少数の手伝いの者たちだけで、
ついに最後のプジャが始まった。

そして20時、阿遮羅の秘剣は、ついにワンムーの洞窟で突如出現した。
洞窟の岩と岩の間に立ったままの姿の秘剣を私が発見した。アチャンは阿遮羅神に尋ねた。

「なぜ阿遮羅神は秘剣を松永修岳に託し、
それを養老のアシュラムに祀らねばならないのか?」

阿遮羅神は次のように答えた。

「日本には本当の仏教は全く伝わっていない。
しかしながら、日本にも少なからず仏法(ダルマ)を
学ぶ権利を持って生まれてきた人々はいる。

私は松永修岳を使い、この剣を養老に祀ることで、
人々を正しい仏法(ダルマ)に目覚めさせる為、
松永修岳に秘剣を授けた。松永修岳のみの為ではない。

そこに集まる人々を真のダルマに沿った生き方に導く為である。
出現する剣は日本人の呼ぶところの不動明王が持っている剣そのものである。
まさに像に描かれている剣の実物である。

この秘剣は仏法の歪みを断ち切る剣である。
そのために松永修岳の場所が必要なのだ。
ここから本当の仏法を伝えよ。」と。

 

阿遮羅の秘剣出現
 仏暦二千五百六十年 十月二十二日 二十時
 タイ ワンムーの洞窟にて出現

プジャ司祭
 タイ国 司祭アチャンによって出現される

授与者
 日本国 阿闍梨 松永修岳一同

仏暦二千五百六十年十月二十四日 養老に奉納
 阿闍梨 松永修岳

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0584-34-1080 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら